2016年4月2日土曜日

設計山

/
・ 久しぶりに設計山(701.5m)へ出かけた。同行のNumatさんは初めて登る山。山名の由来や地図等に関心のある方には「よく知られた山」でもあるから、彼も一度は頂を踏みたかったのであろうか。山名などの詳細はこちら(http://sakag.web.fc2.com/mokke11.htm)。

 ルートは、大野川と戸切川の分水嶺経由とcont370m付近の北尾根経由がある。除雪された林道は融雪が進みクレイロードはつまらない。

 国道から林道を1000mほど歩いた先にある大きなヘアピンカーブから、cont390mの尾根に取り付き~標高点582~同620~設計山~分水嶺を下り~「戸切川中山林道」を周回することにした。

 標高点582から進むにつれ東側斜面は雪崩斜面が多く現れた。積雪は少なく、時には笹を踏みながら尾根を歩くこともあった。雪解けが早い年かも知れない。残雪を踏んでの北尾根ルートは、今週が最後のチャンスかとも思われた。

 西尾根(分水嶺)は、幅の広い緩斜面の尾根が広がる尾根だ。山登りには未だ十分な雪が残っていた。

 下図は、分水嶺の風景をほしいままに歩いていたら、いつの間にか分水嶺を離れ青線を林道へ下ってしまった。

 今思えば、林道に下りないで青線の尾根を、林道に沿ってどんどん北へ歩き続け、今朝取り付いた尾根付近の大きなヘアピンカーブの林道へ下り立つのもOKで、残雪の尾根歩きをより楽くめたかと思われた。











.

◆↓ 北尾根から設計山:東斜面は雪崩斜面が多い。時に雪の消えた尾根も散見される時期でした。


.

◆↓ 北尾根のブナは堅果をたくさん着けていた。昨秋の渡島のブナは凶作だったと言うが、ここだけが豊作のブナ? <昨年訪ねた神の国町中須田の大平山のブナも豊作だった。近年のブナは開花を同期させないブナも珍しくなくなったか!>
.

◆↓ 設計山山頂の様子:

2015年11月11日水曜日

恵山高原ルート

←左の図は作業中の高原ルートに置き忘れたサングラス(遮光機能付き)
左図:青実線は復活作業を実施した恵山高原ルート。赤い実線は国有林と民有林の境界線。

 恵山は何度か訪れています。 一番最初は、恵山温泉旅館駐車場から前山のツツジ山展望台を経由して瘠せ尾根の上がり、恵山展望台へ出て地獄谷(爆裂火口)に至り、賽の河原を経て、溶岩ドーム下部のたくさんの大きな岩の間を辿り,恵山の山頂を往復した時です。

旧高原ホテルの裏から海向山登山口の旧放牧場を経て賽の河原に至る道も思い出多い山道です。この道は地獄谷から採掘した硫黄の搬出路だったと聞いています。

展望所(255m)下のミズナラの急斜面に樋状の溝がみられます。薪炭材を搬出した跡地と言われますが、展望所に一旦集積した硫黄鉱石を流し落した跡が、今に残る樋状に抉られていると考えられます。

咋初冬、道央の知人らと恵山に登りました。自動車道は冬季閉鎖されていたから、瘠せ尾根を静かに登らせていただきました。「山麓の駐車場から公認の登山道が欲しい」と、その時話題になりました。

昨初冬の恵山展望台への道は、矮性低木類の保護上復活させることは簡単ではないでしょうが、通年登山可能な山道としての旧搬出路は



登山路復活作業の途中で目にしたモチノチ科のアオハダ
全山落葉を終えた広葉樹林の中に一人葉っぱを着けたままのオアハダ。
短枝がかなり発達し、束状に見える着葉のようす。これはアズキナシの着葉の仕方にも似る。
軟肌はコシアブラのようにも見える。しかしコシアブラと異なって、かすかに小豆色をも感じられる。
膝小僧状の枝の跡が目につく。
樹形や枝張りに特徴がありそうだ。


2015年6月16日火曜日

「燈明岳~知内岳~岩部岳」:縦走コース

・知内山地(燈明岳から岩部岳)の縦走はアップダウンあって、上りは大小含めて赤ラインの10か所。上り高度100m以上は5個所になった。


知内山系の(「燈明岳~知内岳~岩部岳」:縦走コース)の稜線を縦走した詳細はこちら
知内町の東莱川沿いの林道ゲートをスタートし、福島町千軒の大きい沢林道終点に降りたった。

水平距離16km
所要時間8時間50分
累積標高+1496m
累積標高-1450m
アップダウン(ピークの数)10
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
ルート上の地理院地図情報と国有林地図情報
* スタート中東莱川林道沿い270m
* 東莱川林道
*  標石905
△燈明岳。▲三等三角点:神馬山577.48m
* ・641m
エスケープルートCo590m
* 標石610
* ・656m
△奥丸山。▲三等三角点:奥丸山826.28m
△知内岳。854m
* 標石613
エスケープルートCo738m
エスケープルートCo650m
* ・680
* ・607
* ・610
* ・701
エスケープルートCo580m
* ・682
* ・683
エスケープルートCo670m
△岩部岳。▲三等三角点:岩部岳794.24m
*ゴール大きい沢林道Co320m
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
**勝手に「知内山地」と呼んだ地域。縦走は福島町管内の方が多いから、この呼称は気になっていた。しかし以下の事情を知ってがってんした。

後に知ったのだが、仮称「知内山地」は地質説明書「知内火山岩類」の分布とほぼ重なっていた。
<以下地質図説明書から要約>
「知内火山岩類」=とする標高500~800m の山稜が東西方向に延びる。
・ その東側は、三角点 ◬826.3mを頂点に丸山安山岩がつくる. ・・・・・・・コモナイ川~知内尖山
・ その西側は、岩部岳,池ノ岱山など,溶岩円頂丘がつくる・・・・・・・・・コモナイ川~福島丸山